知らないと損する!簡単な株の選び方について

株は値動きで選ぶのが基本

株式投資で基本となるのは企業の業績であると学びます。もちろんそれは正しいのですが、ではどのように購入時期を選べば良いのかが不明です。業績さえ良ければいつ購入しても良いのかというと、それでは利益が得られません。まず株価というものは細かく上下に動きながら上昇や下落を繰り返していることを知る必要があります。これは投資家の心理を反映しているためです。

具体的な株を選ぶタイミングを知ろう

具体的にどのようなタイミングで購入する株を選べば良いのかというと、チャートの動きが参考になります。高値や安値を結ぶと一本の線でつながりますが、これは対抗戦や支持線と呼ばれています。購入するタイミングは、安値を結んだ支持線にぶつかって反転した時です。その後に高値を結んだ抵抗線にぶつかるまで保有を続けることになります。

高度なテクニックによる株の選び方

慣れてくれば、株の選び方にもテクニックを用いることができます。日経平均との連動性が高い銘柄を選び、その日経平均との乖離率をチェックします。下に乖離していれば、自律反発する可能性が高いので買い時であることが分かります。このようにテクニックを使うことによって、どの株を選べば良いのかを簡単に判断できるようになるわけです。大事なことは、企業の堅調な業績を背景にしながらも、投資家の心理を反映させて動いている中でのタイミングの選び方です。チャートなどを利用することで、初心者であっても割と簡単に株を購入するタイミングを判断することが可能となります。

株式の信用取引をするために証券会社を比較する際には、手数料に加えて金利を重視することが大切です。ただし、売買を短期間で考えているような人は株式の信用取引の金利はあまり考慮しなくてもよい場合もあります。