資産運用の必要性が叫ばれている?これからの事を考え検討している方は必見!

ファンドラップは金融機関の専門家のアドバイスがある

ファンドラップとは、自分の資産を銀行のプロのアドバイザーに任せて運用することをいいます。アドバイザーは、お客に損をさせないようにし、お客の意向をくみながら運用していきます。運用には、専門家の助言を受けつつ、様々なプランからいくつかを選び、それを組み合わせてすすめる投資信託です。詳しくは、契約前の投資目的に合わせて、お客に合った提案・現状での運用方法・その後の報告・結果をふまえての見直しなど、全てにおいてのサポートが受けられます。ファンドラップは、投資する金額が数百万円から運用できるものもあり、非常に利用し易くなっています。ファンドラップは、少額の投資での運用にあたって、金融機関の専門家のアドバイスを聞くことができ、これはお客にとって大きなメリットになると思います。運用にあたっての掛かる費用は、普通の投資信託と同じく、期間中は信託の報酬が必要になりますが、購入の際の手数料はありません。

NISAは、120万円以下までの運用で非課税

NISAとは、少ない額での投資に税金が掛からないという制度です。日本の国民が銀行に預金しているお金や、郵便局に貯金しているお金を、投資信託に回してもらうためにと考えられました。1年間で120万円までの運用で得た利益に税金がかけられず、優遇されます。NISAの良い点は、なんといっても、この120万円以下の株や投資信託などの運用で儲けた利益に税金が必要ないことです。NISA以外の普通の口座ですと、投資運用で得た利益には20.315%の税金が掛かります。しかし、NISAなら非課税扱いとなります。会社勤めの人には、税務署に行くわずらわしさがなく良い制度です。

さまざまなファンドの会社が増えています。そのため、インターネット上でこれらを比較することで自分にあったものを見つけるようにしましょう。