高校中退しても大丈夫!?どんな道を進むのか

高校中退したらその先はどうなるの?

高校中退の理由は人それぞれ。これからどんな道を進むかは自分で決めないといけません。

ではどんな選択肢があるのでしょうか。

大雑把に分けてふたつあります。

ひとつは別の高校(通信制など)に編入するなどして高校卒業を目指すこと。

そしてもうひとつは働いていくことです。

今回は高校中退して働くにはどんな選択肢があるか幾つか見てみましょう。

手に職を付けるー自分の腕で稼ぐ道

手に職を付けるのは自分にとって明らかな強みとなります。

あらゆる分野の職人がいなかったら、住む場所も無ければ便利な道具もありません。

また伝統工芸も失われてしまいます。

そしてそのような分野では若者離れが進み、人手が足りなくなってきているため、特に若者が必要とされています。

弟子入りして技術を身につけることができれば、もし別の道に進んだとしても後からまた同じ仕事に戻るのは容易になります。

もちろんその道一本で一生働くことも出来るでしょう。

時代が変わっても職人の技は必要とされるのです。

好きなことで生きていくー夢を追うあなたに

自分の趣味で暮らしていけるだけの収入を得るのは難しいことです。

例えば、音楽や芸能活動といった分野の収入だけで生活出来るのはほんの一握りの人達です。

下積み時代の覚悟が必要かもしれません。そして必ず成功する保証はどこにもないのです。

それでも夢を追う若者は少なくありません。もし成功する事が出来たならリターンは大きいでしょう。

何かを作る事が趣味の人にとって、今はやりやすい時代です。店舗が無くても、ネットを通して売買できるからです。

しかしだからこそ何か自分だけの強みが無いと難しいでしょう。競争相手は企業や同じ趣味を持っている人になるからです。

自分だけのオリジナル。それが成功するための鍵かもしれません。

高校中退とは、卒業を迎えずに学年途中で辞めることをいいます。その理由には、校風が合わない、学習内容についていけない、病気など身体的な理由により学業が続けられない、そして経済的理由などがあります。