こんな道も?目指せ声優!道はアフレコだけじゃない!

声で稼ぐ仕事は実は沢山?

声優、という言葉で大抵の人が、洋画やアニメの声をアフレコ(音入れ)する人を思い浮かべますね。

他にはナレーターなどが一般的です。

しかし、そういったテレビメディアやラジオメディアだけが活躍の場ではありません。

人形劇や着ぐるみでの劇、駅のナレーションやコンビニでの年齢確認の声も、自動販売機や信号機の声も。

声という声はすべて声優の仕事です。

最近のアニメ声優は歌を歌うことも多く、アイドル化も進んでおり、声優の活躍の場は増える一方です。

目指せ!と言われても……どうすれば声優になれるのか

手っ取り早いのは声優学校に通うことです。

自分の声はこんなんだから、とか諦める必要はありません。

どんな声にも需要はあります。

ただ、その需要を引き上げるのは、演技力や滑舌であり、これは練習しかありません。

冒頭で声優学校を推したのは、そういった基礎を徹底してくれる上に、就職の斡旋もしてくれるからです。

金銭的に余裕があるなら、一番の近道でしょう。

声優学校自体に合格する自信がない、という方が練習するなら、手始めに腹筋ですね。

声優を目指すなら暇なときは腹筋。というくらい腹筋です。

得手不得手だけじゃない?自分の声色に耳を傾ける

一つの声を限界まで鍛える方もいれば、虹色の声の人もいます。

自分の声が今の世代に需要がないのなら、色々な演技ができなくては仕事は来ません。

真似る。というのも有名な手段なのです。これも度を超えれば毒になりそうですね。

結局は自分の市場を開拓する能力と絶え間ない向上心、が声優には求められているように思います。

自分を活かす道を探し、それに向けて直向きに頑張り続けることができる人間だけが、声優という狭き門を潜り抜けられます。

一部例外的な声優もいるにはいますが、今、声優は人気な職業なので、努力は必須です。

声優の養成所に入所するためにはオーディションに応募する必要があります。合格することで通うことが可能となり、夢を叶える第一歩を踏むことができるのです。