声優をめざすなら! 専門学校という選択肢がある!

表現の基礎を学べる専門学校

声優はアニメや実写映画の吹き替えなどで声のみの演技を担当する職種です。広い意味では役者の仕事のひとつであり、この仕事に就くために特定の進路を歩む必要はありません。いくつかある進路のひとつが、声優を養成する専門学校への進学です。声優の専門学校とはいえ、声の演技だけを学ぶわけではありません。幅広く表現全般を学ぶのが一般的です。基礎となる発声方法、舞台演劇など身体を使った演技、ナレーションなどの講義があります。専門学校は学習期間が比較的短いため、講義よりも実践形式の演習が中心となります。最終的には卒業制作として同期生といっしょに1本の演劇を上演する学校がめずらしくありません。

就職活動のサポートをチェックしよう

声優を養成する専門学校に進学すると、卒業後に声優のマネージメント会社に所属することが当面の目標となります。マネージメント会社に所属しなくても声優の活動はできますが、学校を卒業したばかりで実績がない状態では事実上不可能です。進学する学校を選ぶときは、就職活動をどのようにサポートしてくれるのかチェックしましょう。学校によってはマネージメント会社とのつながりがある場合があります。マネージメント会社のスタッフによる説明会があったり、先輩声優による講義があったりします。個性や表現力が就職活動に大きく影響しますが、情報も欠かせません。専門学校を活用すれば就職のための情報を集めやすいことを忘れないでください。声優の仕事はオーディションで決まる例が多いため、専門学校卒業後も勉強が続くと考えましょう。

声優の専門学校では、声優を目指す生徒達がトレーニングにはげんでいます。声優になるためのノウハウ等がここでしっかり学べます。