老後のために知っておきたい!?イデコの基礎知識

イデコ(個人型確定拠出年金)とは?

いきなりですが、イデコっていったい何でしょうか?実は、イデコとは厚生労働省が2016年9月に普及のために付けた、個人型確定拠出年金の新しい愛称なんです。ところで、「個人型確定拠出年金」とはいったいどのようなものなのでしょうか。これから皆さんと一緒に勉強していきますね。

個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金とは、自分で加入するかどうかを選べる「私的年金」のことです。ちなみに、国民年金は自営業者が加入する「公的年金」で、厚生年金はサラリーマンが加入する「公的年金」です。公的年金は、基本的に強制加入ですが、個人型確定拠出年金は私的年金なので、加入する必要はありません。

イデコでの資産運用について

イデコの特徴は、運用先の投資信託などを、自分自身で選択します。すなわち、金融商品での運用なので元本割れのリスクがあり、その結果、資産がマイナスになってしまう場合もあります。このような理由から、日本ではあまり利用されていないのが現状です。イデコは、2017年より法改正で、企業年金に加入している人でも加入できるようになりました。

イデコによる税金対策とは?

イデコは、掛け金について税金がかからず、また、運用益についても税金がかかりません。さらにもっとお得なことがあります。まず、掛け金がすべて所得控除になりますので、所得税や住民税が軽減されます。また、年金受給時には退職所得控除が受けられます。イデコは、節税の面からみるとかなりお得ですので、メリットとデメリットを比較して有効に選択していきたいですね。

イデコとは、個人型確定拠出年金のことを言います。積立てた掛金全額が所得控除の対象になったり、運用で得た利益は非課税などのメリットがあります。